こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

税の器の穴もふさげ

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

前回、「市の財政ビジョンに注目」との見出しで、2065年には市の年間収支不足額(現在ゼロ)が1752億円になると試算されることから、「持続的な発展に向けた財政ビジョン」を策定していることをお伝えしました。
 
■少子高齢化と施設更新
 
策定の背景を具体的述べると、現在と比べて人口では75万人減少、生産年齢人口は3割減少、高齢化率は36%(現在25.2%)になると試算され、それに伴い社会保障経費は年間約980億円の増加が見込まれています。また、学校施設、市営住宅、市民利用施設、道路、公 園、焼却場などのインフラ施設の保全更新コストにも多額の経費が見込まれているからです。
 
■ふるさと納税で減収
 
しかし、私がこれまで何度も問題を指摘してきた「ふるさと納税」の市税収への影響をみると、5年前は28億円減だったのに対し、昨年は171億円減にまで拡大しています。また、ふるさと納税を利用する人の割合は、収入の高い人ほど多く、年収1000万円以上の人では37・5%の人が利用し、一人当たりの税金の控除額は200万円にもなっているのです。
 
■返礼品と多額の控除
 
残念ながら、ふるさと納税は高額な返礼品を貰ったうえに利用額の殆どが税金で控除されるため、自身が暮らす自治体の税収が減っているのが実態です。純粋に「ふるさとを応援したい」ということも踏まえ、控除に金額の限度設定が必要と考えます。税収増につながる施策も大事ですが、税の器に開けられた穴をふさぐ事も重要です。ふるさと納税はその典型的な事例です。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 6期目。立憲民主党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

カテゴリ
新着5件
バックナンバー
こんの典人事務所

〒226-0003
横浜市緑区鴨居3-1-14-105
Tel:045-929-3030
Fax:045-342-4330
e-mail:konno@konno-norito.com

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら