こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

投票で「政治は変わる」

20210923タウンニュース

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

「IR誘致の撤回をここに宣言致します。」と、山中竹春市長の所信表明の言葉を聞き、閉じていた目を開けられないほど胸が熱くなる思いでした。
 
■ヤジの中でも堂々と
 
9月10日、横浜市議会の本会議で、初当選した山中市長は、「横浜市のために尽力できることを大変誇りに思うと共に、その重責に身の引き締まる思いです。市民の皆様に住み続けたいと思っていただける横浜市をつくっていく。そして事業者の皆様から選ばれる横浜市をつくっていく。その決意を今新たにしています。」と、議場にヤジが飛ぶ中でも堂々と決意表明しました。
 
■コロナ対策に追加予算
 
データサイエンスの経験や専門性を活かし横浜市の様々な課題に取り組むこと。IR誘致を撤回し必要な手続きをすすめ、10月1日にはIR推進室を廃止すること。新型コロナウイルスの感染拡大の防止と早期の終息のためにワクチン接種・検査体制の拡充、医療提供体制の確保に取り組みワクチン接種の加速化や自宅療養者の支援など喫緊の課題に取り組む。そのため追加の補正予算を含めて早期に取り組むとしました。さらに、公約に掲げた3つの「0」(ゼロ)で持続可能なまちを実現すると、政策を説明しました。
 
■12ポイントの投票増で変わる
 
カジノIR誘致の撤回、中学校給食の全員実施など、新市長誕生により大幅に政策が変わります。この度の市長選挙の投票率は49%、前回を約12ポイント上回っています。市民の投票行動で「政治は変わる」ことを実感しました。
 

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。立憲民主党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら