こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

コロナ対策で市へ要請

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

4月26日、横浜市内の新型コロナウイルス感染者は327人確認されています。
 
■感染防止は三密回避
 
4月7日から緊急事態宣言が発せられ、イベントの中止、公共施設の閉館、学校休校、飲食店や事業者への自粛要請など、他人との接触を減らす三密回避の取り組みが進められています。
 
■医療現場の安心確保
 
私の所属する会派(立憲・国民フォーラム)は、寄せられた声を基に、4月17日、市長に対し、市民の命と暮らしを守る観点から、新型コロナウイルス感染症対策についての要請書を提出しました。
医療支援については、院内感染対策、自衛隊からの医師・看護師の支援要請、PCR検査体制の拡充、医療従事者への補償と体制の整備を。
 
■税・賃料の減免や猶予
 
生活・経営支援については、税金や公共料金の減免や支払い猶予、休業協力事業者への家賃補助、横浜市はもとより土地や賃貸ビルオーナーへのテナント料支払い猶予要請、横浜市臨時職員の採用を。
その他に、IR・カジノ事業など不要不急事業の一旦停止。テレワークの推進などで感染リスクの低減を求めました。
 
■身近な情報で危機感
 
適切な広報と情報提供については、市民に感染拡大が身近に起きていることを感じてもらい、外出自粛につなげるため、近隣自治体でも行っている区別の感染者数の状況を毎日公開すること。あわせてPCR検査受検者数も公開することなどを強く求めました。
新型コロナウイルス感染症の問題は、まだまだ出口が見通せない状況ですが、皆様のご協力をお願い致します。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。立憲民主党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら