こんの典人

横浜市会議員(緑区・民進党)

こんの典人の政策

夢と活力と安心と

私はこれまで「元気で優しいヨコ八マ』をめざし、様々な活動に取り組んできました。保育所待機児童ゼロ、中学校昼食の改善、障がい者の就労支援、特養入所待機期間の短縮、バス路線の拡充、企業誘致と雇用拡大、市民成年後見制度など、実に多くの分野がありました。いくつかの課題は、継続した取り組みが必要であり、引き続きしつかりと取り組みを進めていきます。

今後は、がけ対策など自然災害への備えを高めること、高齢化が進む横浜の市民生活の安心と経済活性化の両立を図ること、老朽化した公共施設・インフラの保全などを効率的効果的に進めることが大きな課題であると考えています。
私は初当選以来、「雇用は最大の福祉」と訴えてきましたが、これからも働く人の視点を大切にしながら、地域の皆様からの声を聞き活動していき ますので、こ支援、こ協力をお願いいたします。

夢と活力と安心と

こんの典人の3つの政策

その1:

ー こんの典人の視点 ー

少子高齢化の進展や生産年齢人口の減少という社会的課題を見据え、人と人がつながり、笑顔あふれる持続可能な街づくりが必要です。

地域資源を有効活用した「元気で優しい街づくり」、特徴に応じた地域の活性化に取り組んでいきます。

また、子育て世代をはじめ、若者、女性、シニア世代が元気に活躍でき、夢の持てる社会の創出に取り組みます。

夢
1.住み続けることができる街 住みたい街づくり
  • 交通不便地域解消に向けて、民間企業などとの連携による新たな交通手段の検討
  • 十日市場町周辺地域における「環境未来都市 横浜」の実現に向けた取り組み
2.“人”による地域の活性化
  • 人を呼び込むための商店街や団地の再生支援
  • 健康づくりや介護予防に対する地域コミュニティー活動へのサポ—ト
3.少子高齢社会への対応
  • 若者、女性、シニア世代が活躍できる就労支援と雇用創出への取り組み
  • 歩道整備やバリアフリー推進により、子どもからシニア世代まで優しい街づくり

その2:活力

ー こんの典人の視点 ー

市内経済の活性化と雇用の創出の両立は。ヨコハマの未来を描くために必要な条件です。横浜市の恵まれた立地環境を活かし、企業誘致を進めるとともに雇用を創出しヨコハマの活力を生み出します。

また、行財政面については、市会も行政も更なる経費節減に努めなければなりません。市県の二重行政による無駄を改め、地域の創意工夫を引き出し、スピーディーで効率的な市政をめざします。

活力
1.経済活性化と雇用創出
  • 社会ニーズに合わせた企業立地促進条例の見直しによる企業誘致の更なる推進
  • 障がい者や生活保護受給者、若年無業者への就労支援
  • 公契約条例の制定による雇用と労働条件の確保
2.成長・発展する産業分野の育成
  • 環境・エネルギー分野、観光産業、健康、医療分野などの企業や人材の育成支援
3.健全で持続可能な財政基盤の確立
  • 行政内部経費の削減のため徹底した事業の見直しなど、行財政改革の一層の推進
  • 横浜市「中期4ヵ年計画2014〜2017」のチェック

その3:安心

ー こんの典人の視点 ー

市民生活の安心・安全のためには、第一に台風や地震などの自然災害に対する備えを高めることが必要です。特にがけ対策については、早急な具体対策が必要です。

また、子育て支援、医療と介護の充実、交通環境の改善、鉄道と道路の混雑緩和と安全対策、防犯対策などについても引き続き取り組みます。

安心
1.安心・安全な街づくり
  • がけ対策など自然災害に対する強化、違法状態を放置しない仕組みづくり
  • 防犯カメラの設置による防犯対策の強化
  • 狭い道路の改善、歩行者空間の確保など安全対策の推進
2.子育て、医療・介護の充実
  • 産科・小児科医師の確保
  • 小児科医療費助成の拡充、保育事業や放課後児童育成施策の充実などによる切れ目ない子育て支援
  • 特養ホームの待機期間短縮、地域介護医療体制の充実
3.社会インフラの整備、保全(都市インフラ、交通ネットワーク)
  • 電車の輸送力増強、バス路線の拡充など、通勤ラッシュ時の混雑緩和
  • 駅周辺や幹線道路の渋滞緩和に向けた都市計画道路の早期完成
  • 老朽化した公共施設・インフラの効率的効果的な維持管理と予防保全
こんの典人事務所

〒226-0003
横浜市緑区鴨居3-1-14-105
Tel:045-929-3030
Fax:045-342-4330
e-mail:konno@konno-norito.com

横浜市会議員(緑区・民進党)

お問い合わせはこちら