こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

地域の足は「たすけあい」

20181101eye

2018.11.01|タウンニュース

買い物や通院など、日常の足(交通手段)をどう確保するかが大きな問題になっています。横浜市は坂道が多いこと、バス路線から離れた所にも多くの人が住んでいること、さらには高齢化が益々すすむことから何らかの方法が必要です。   ■ガソリン代は問題なし そこで、私が注目しているのが地域の助け合いで運行できる「たすけあい・・・

>>続きを見る

この崖、誰の土地?

20181004タウンニュースeye

2018.10.04|タウンニュース

今年7月の西日本豪雨や台風21・24号は、これまでの想定を超える異常気象により、各地で多くの土砂災害や浸水被害を引き起こしました。 特に西日本豪雨では、土砂災害が約1800件発生し、227人の尊い命が失われる大災害になりました。   ■市内に9800カ所の崖地 横浜市では、平成27年から土砂災害の発生が警戒さ・・・

>>続きを見る

民地ブロック塀も補助対象に

20180906eye

2018.09.06|タウンニュース

大阪北部地震で倒壊したブロック塀の下敷きになり、小学4年生の女子児童が死亡した事故から間もなく3カ月。横浜市でも市内全域を補助対象に、新たに「民地におけるブロック塀等改善事業」がスタートします。私の所属する「民権フォーラム横浜市会議員団」として制度の創設を求めてきたこともあり多くの利用を期待したいと思います。 &nbs・・・

>>続きを見る

ブロック塀以外も危険

180809townnews_eye

2018.08.09|タウンニュース

「家の大谷石の塀も危険だと思うけど、どうしようもないので・・・」という電話。 6月18日、大阪府北部地方を襲った震度6弱の地震により、ブロック塀が倒壊し尊い命が奪われた事故を知り、私に電話をかけてこられたのです。   ■学校・公共施設で88カ所 横浜市では、地震の直後から市内の公共建築物や学校施設におけるブロ・・・

>>続きを見る

貧困の連鎖を断ち切る

20180503eye

2018.05.03|タウンニュース

今回は、子どもの貧困対策の一つ「寄り添い型生活支援事業」を取り上げます。   ■生活習慣を身につける この事業は生活困窮やひとり親家庭で、養育環境に課題がある家庭の子どもを対象に取り組まれています。具体的には、手洗い、歯磨き、簡単な調理、掃除などを教え、宿題や復習の習慣を身に着けさせる事です。子どもや親への相・・・

>>続きを見る

カジノに狂う現実

20180322eye

2018.03.22|タウンニュース

国会でカジノを含む統合リゾート施設(IR)推進法が成立してから1年3カ月。来月にもカジノ実施法案が国会に提出されるとの報道がされています。今国会は6月20日が会期末です。今後の横浜市や市民への影響も大きいことから今後の動向に注目しています。   ■週3回。月10回はもはや依存症では カジノ実施法案に関連して議・・・

>>続きを見る

「行サビコーナー」の閉所前に

20180215_eye

2018.02.15|タウンニュース

「行サビコーナー」の閉所前に 来年3月末で長津田駅にある行政サービスコーナーが閉所する予定です。横浜市では、住民票や印鑑証明書などの証明発行数の減少に伴い、行政サービスの見直しを進めてきました。   ■金沢文庫東口を3月閉所 平成8年に市内全体で年間660万枚あった証明発行数が、現在は3割減少し440万枚に。・・・

>>続きを見る

1 / 41234

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら