こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

IR・中学昼食・団地再生

2020-02-27

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

2月21日の本会議で、会派を代表し、横浜市の令和2年度予算について林市長と教育長に質問しました。IR・カジノ誘致、中学校昼食、大規模団地の再生など16項目です。
 
■IRは解除規定を
 
IR・カジノ誘致については、2月11日に緑公会堂で市民説明会も行われ、誘致撤回を求める私たちの思いとは裏腹に着々と進んでいます。そこで、IR・カジノ事業に関する収入と支出を管理するため一般会計ではなく特別会計にすること。また、次の横浜市長選挙で誘致反対の市長が当選した場合や、誘致後であってもIR・カジノ事業を止めることができるよう解除規定を設けるべきと市長に見解を求めました。
 
■全員に供給できる体制
 
中学校の昼食については、現在の「ハマ弁」を「デリバリー型給食」とし、選択制ではあるものの「学校給食法の給食」に位置付ける方向が示されました。私たちの会派としては、全員喫食を目指しており、希望する全員に供給できる体制の整備を。また、新1年生が一定期間全員でハマ弁を食べる「さくらプログラム」の拡大を求めました。
 
■老朽団地の再生支援
 
市内には500戸以上で築40年以上の老朽化した大規模団地が62団地あります。青葉区の450戸超の大規模団地の一括建替えが決まったものの、実に15年も掛かっています。まちづくりの観点からも市として大規模団地の再生支援を行うべきと考え質問しました。その他の質問等については、議会の録画中継等をご覧ください。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。立憲民主党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら