こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

カジノ住民投票で賛否を

20191003

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

「市の調査で悪い材料が出た場合、誘致を撤回する可能性はあるか」に、「方針の撤回は考えていない」。これは、カジノについて9月27日の委員会での同僚議員と市長のやり取りです。
 
■事業者との約束優先
 
カジノ(IR)誘致方針を決めた市長に対して、市長が示した経済効果、税収効果、集客効果など、沢山の質問が寄せられていますが、市長からは「提案した事業者との約束で公表できない」とか、「現在、分析が足りていない。これから調査・研究する」などの言葉が繰り返されており、納得のいく説明はされていません。
 
■世界は「カジノ無し」
 
また「統合型リゾートを造り、海外からお客さんを呼ぶにはカジノを付けなければいけない」と政府が説明しています。しかし、昨年世界で開催された大規模国際会議場の上位20のうちカジノが併設されているのは、15位のシンガポールだけなのです。
 
■何のための説明会か
 
12月に市内6区で、その後もカジノ(IR)誘致の説明会を開催するとのことです。しかし、幾ら反対があっても、問題が指摘されても林市長は、カジノ誘致の方針を撤回しないと思われます。何のために説明会を開くのか理解できません。
 
■誇れる横浜を引き継ぐ
 
カジノ誘致方針を止める手段は限られています。市民の直接請求による「住民投票(6.2万人)」、「市長リコール・議会の解散(各50万人)」です。正確で膨大な署名が必要ですが、市民が一丸となって協力すれば可能です。未来に誇れる横浜を引き継ぐため。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。立憲民主党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら