こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

「地域の足」モデルを創る

20190501

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

高齢ドライバーによる事故が後を絶ちません。ブレーキとアクセルの踏み間違え、高速道路の逆走など、「本当に?」と思うようなことも起こっています。
 
■免許返納できる環境も
 
誰しも長年運転してきただけに「自分は大丈夫」と考えるのは仕方ないことです。免許の返納には家族での話し合いが有効のようです。しかし、車を手放した後の不便さから、運転をやめられないという考えへの対応も現実に必要です。
 
■「令和」は明るい地域へ
 
これまで私は、「地域の足は自治会や地域ボランティアの連携で創りたい」と提案し、ご賛同やご期待の声をいただきました。
新しい「令和」の時代は、これまで以上に自治会や地域のボランティアが、住みやすい・住み続けられる明るい地域づくりに挑戦していける時代になると思っています。
 
■日常の買い物・通院に
 
横浜市内そうですが、緑区内でも住宅地は坂道や狭い道路が多く、バス路線を増やすことは凡そ困難です。それでも、日常の買い物や通院のための移動手段は必要なのです。自宅から駅までではなくとも、最寄りのバス停までの足の確保など、問題意識を持つ自治会やボランティアの皆さんと、モデルケースづくりに取り組みます。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。立憲民主党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら