こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

スッキリしない消費税10%

20181206タウンニュース緑区版(スッキしない消費税10%)

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

来年10月、消費税が現在の8%から10%に引き上げられるのを前に、理解し難い軽減税率の問題や何のためのポイント還元なのか?と問われることがあります。
 
■分かりにくい軽減税率
 
政府が軽減税率導入にこだわり食料品を対象にすることは是としたとしても8%のもあれば10%の場合もあることに驚きました。例えばコンビニのお弁当を店内で食べれば10%、持帰るなら8%とのことでした。2つ買って1つ食べる場合は、別々の税率になるのでしょうか?お店の人も大変です。
 
■ポイント還元に疑問
 
さらに最近、カードで買うなら5%ポイント還元するとの発言が飛び出してきました。しかし矛盾や問題があります。まず、消費税2%の増税なのに5%還元したら減税になり税収が減ります。次に9カ月間の期間限定のためその後は一気に5%の大幅増税になり消費が冷えます。さらに、ポイント還元は、現金支払いは対象にならないため、対象が限られます。日銀によれば日本人は8割程度が現金支払です。カードで高級品を買う人にはお得でも、不公平感が大き過ぎます。
 
■何のための増税か
 
現在の国や地方の財政状況や少子高齢対策などから、ある程度の消費増税を止むを得ないとする声も聞きます。だからこそ「増税によって何がどう変わるのか」を明確に示し、実績も知らせることが必要です。消費税10%の内2.2%が地方分です。間違っても無駄な公共事業等に回らないようにしなければなりません。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。無所属。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら