こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

民地ブロック塀も補助対象に

2018-09-06

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

大阪北部地震で倒壊したブロック塀の下敷きになり、小学4年生の女子児童が死亡した事故から間もなく3カ月。横浜市でも市内全域を補助対象に、新たに「民地におけるブロック塀等改善事業」がスタートします。私の所属する「民権フォーラム横浜市会議員団」として制度の創設を求めてきたこともあり多くの利用を期待したいと思います。
 
■最大30万円の補助
この事業は、道路等に面し倒壊する恐れのあるブロック塀や石積等の除去と、除去後に軽量フェンスや生垣などを造る場合の補助制度です。いずれも標準工事費に対し、ブロック塀等の除去の場合には10分の9、フェンスや生垣等の新設には2分の1の補助率とし、補助全体の上限を30万円としています。
 
■通学路に5144カ所
横浜市では地震の直後から公共施設や学校のブロック塀の点検を行い88施設の問題に対策を進めています。また、スクールゾーン協議会の協力で、市立全小学校の通学路上の調査を行った結果、ブロック塀が5144カ所あることが報告されています。これらについては、技術職員等が再度現場を確認し、改善が必要と思われるものには、持ち主に改善と通行人への注意喚起の表示を行うように進めています。
 
■10月4日事業開始
「民地におけるブロック塀等改善事業」は、9月11日から始まる市議会に提出されます。そのための補正予算は1億円、事業開始は10月4日の予定です。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。無所属。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら