こんの典人

横浜市会議員(緑区)

タウンニュース

ブロック塀以外も危険

180809townnews_thumbnail

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

「家の大谷石の塀も危険だと思うけど、どうしようもないので・・・」という電話。
6月18日、大阪府北部地方を襲った震度6弱の地震により、ブロック塀が倒壊し尊い命が奪われた事故を知り、私に電話をかけてこられたのです。
 
■学校・公共施設で88カ所
横浜市では、地震の直後から市内の公共建築物や学校施設におけるブロック塀の点検を行いました。その結果、27の公共施設と61の学校で、現行の建築基準法の仕様に合わないことが判明しました。これらについては解体工事をできるだけは早急に進め、フェンス設置に向けて取組みます。
 
■通学路上の点検も
さらに教育委員会では、スクールゾーン協議会等の協力を得ながら、通学路上のブロック塀等についても点検を進めています。高さ1.2mを超えるブロック、石、レンガ等の塀で、ひび割れ、破損、傾斜などを点検し教育委員会へ報告し、報告されたブロック塀等は専門の職員等が現場確認、改善指導を行うことにしています。
 
■危険な塀の撤去に補助を
私の所属する「民権フォーラム横浜市会議員団」は、学校や公共施設のブロック塀の改善・撤去に予算措置を含めた緊急要望を市長に提出しました。同時に、現在補助対象になっていない地域の個人住宅のブロック塀や、大谷石等の塀であっても危険な塀は問題です。横浜市は震度6弱以上の大地震に襲われる確率が極めて高い地域です。他都市の例も参考に、補助制度の創設を求めました。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。無所属。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区)

お問い合わせはこちら