こんの典人

横浜市会議員(緑区・民進党)

タウンニュース

「英語村」を訪ねて

スクリーンショット 2017-04-08 10.41.34

上記をクリックするとPDFでプリントアウトできます

「英語村」を訪ねて
 
「英語で『どちらのご出身ですか?(Where are you from?)』と声を掛けたら日本人だったんです。と、笑い話の様なことが実際にありました。」と、寝屋川市(大阪府)の教育研修センターの遠藤所長。同市の英語教育について視察しました。
 
■いち早く英語教育に
 
寝屋川市は、めざすこども像の一つに「世界にはばたくこどもの育成」を掲げ、英語教育に軸足を置いた取り組みを進めています。
平成10年度から外国人英語講師を配置し、平成17年度には内閣府の英語教育特区の認定を受け小中一貫英語教育に取り組み、平成26年度には「英語村」を開設するなど、先進的な取り組みを進めています。
 
■英語だけの場所を
 
英語村は同市の9年間の研究を踏まえ、英語を「リピートする」「覚えて発表する」ことに意味はなく、「英語を話す必然性ある場面を設定すべき」との結論に至り学校外に開設したものです。
小学校英語村は、小学5・6年生は学校ごとに全員参加し、お弁当の時間も含めて5時間、外国人英語講師らと英語だけで過ごします。中学校英語村は、希望者が英語村の開設に合わせて参加し、テーマに沿った英会話やプレゼンの練習などを行っています。
 
■効果は楽しみ・意欲に
 
アンケート調査では「英語が前より好きになった」92%。英語やジェスチャーを使ってコミュニケーションを取ろうとする姿勢がみられるなど、こども達の意識や意欲に大きな変化を与えるほど効果を上げていました。横浜市でも英語教育に力を入れていますが、学校外に特別な空間を設け、お弁当を食べる時間までも一緒に過ごし、生活の中で英語に慣れることは、とても有効だと感じました。

ブログ筆者プロフィール

ブログ筆者プロフィール

横浜市議会議員こんの典人 (横浜市緑区)

横浜市会議員 5期目。民進党。
民間企業で働くサラリーマンの視点を大切にしながら、同時に、将来に責任の持てる自治体運営をめざし議員活動に取り組む。

横浜市会議員(緑区・民進党)

お問い合わせはこちら